TOP › パーソナル・グローバリゼーション メッセージ


世界が大きく変わったことに気づいていますか? グローバル化で「世界と働く」時代取り残されないための考え方


刻々と変化する世界に対応する準備はできていますか?

  1. 世界の変化
    1. 1-1 姿を現した「フラット化した世界」
    2. 1-2 新興国の台頭が与える影響
    3. 1-3 少子高齢化で開かれる日本
  2. 世界に求められる人材
  3. グローバル人材の能力
  4. 簡単アセスメントツール
  5. PGセミナーについて
  

「グローバルに働く」と聞いた時、海外で働くことだけを想像していませんか?そして、そう考えることによって「自分は無関係」と思ってはいませんか?フラット化した世界がもたらす影響は日本の国内にいても変わりません。日本の中にいても、世界の変化がもたらす影響は直接的なものとなっています。日本で活躍するためにも「個のグローバル化」は不可欠なのです。

1-3. 少子高齢化で開かれる日本

こうした世界の動きを知っていても、グローバル化の影響は、産業や経済界だけのことであり、個人に影響があるものではない。そう思っている人は少なくありません。そして、日本にいる限り、日本語と日本の商習慣に守られていくはずだと考えるでしょう。しかし、果たしてそうでしょうか。

グローバル化の波は日本という垣根を取り払い、世界という大きな海の中で企業は生き残りのための経営判断を迫られています。その結果、海外の企業との経営統合や合併、海外法人との連携などが進み、様々な場面で日本企業にあってもグローバル化の影響を直接的に受けるといったことが増えてきました。たとえば、突然、上司が外国人になる、取引先の担当者が外国人になる、といったことは日常茶飯事。日本で仕事をしていても、直接的にグローバル化の影響を受ける可能性があるのです。

そして、そうしたグローバル化の影響は、もはや一部のオフィスワーカーの問題ではなくなりつつあります。たとえば、医療の現場では既に研究や症例の共有が進みつつあり、新型インフルエンザなど世界規模で取り組むべき問題が山積みです。デザイナーや建築といったクリエイティブの場でも、海外との連携は増加傾向にあります。

さらに、少子高齢化で労働人口が減少しつつある日本では、外国人労働者に徐々に依存しなければ社会構造そのものを保てないことは明らかです。現在、外国人の就労ビザ発行は厳しい条件で制限されていますが、将来、国力の低下が懸念される日本に国を支える労働力として外国人を呼び込むためには、徐々にそのハードルも低くなることが予想されます。

急速に進む少子高齢化

急速に進む少子高齢化

世界各国より人材が集まり、働き、生活することによって、日本は徐々にその影響を受けずにはいられなくなるでしょう。それは決して日本的な文化や習慣が消えるというわけではありません。さまざまな価値観がともに尊重し合い、存在する。その中から新しいものが創造される社会になるはずです。

それでもまだ日本に仕事の場があれば、頑に現在のスタイルを貫いて仕事をしていくことは可能でしょう。しかし、現在日本の工場やオフィスは世界的に見てコスト高であり、競争力は低下の一途です。税制的な問題もさることながら、グローバルスキルや生産性が世界トップレベルとは言い難い日本人従業員を高給で雇う余力はもはやありません。日本の企業でも工場はもちろん、開発や企画の拠点さえ海外に移そうという動きがあります。その場であなたは今と同じパフォーマンスが出せるでしょうか。いや、それ以上に働き、給料が安い優秀な人材が多数いる中で、あなたのポジションは残っているでしょうか。

そんな社会の到来を思い描いたとき、私たちは、日本でも世界でも、地球のどこにいても生き生きと働ける人材となるべき理由が見えてくるでしょう。果たして人材を取り巻く環境はどのように変化しているのでしょうか

2-1.ライバルとなる世界の人材像→


PAGE TOP