TOP › パーソナル・グローバリゼーション メッセージ


企業に求められる人材像が変わりつつあります 自立したプロフェッショナル“無敵の民”を目指そう!


世界と働その理想型は“無敵の民”にあります

  1. 世界の変化
  2. 世界に求められる人材
    1. 2-1 ライバルとなる世界の人材像
    2. 2-2 日本人エリートの凋落
    3. 2-3 進まない人材育成と“無敵の民”
  3. グローバル人材の能力
  4. 簡単アセスメントツール
  5. PGセミナーについて
  

グローバル化が進み、世界の様々な人々と競い、協力し合う社会が到来しています。そんな社会では、いかなる環境でも生き生きと働き、成果をあげられるような人材が求められています。人材の評価軸が変化しつつある中で、現在の日本人人材を取り巻く評価はどのように変わってきているのでしょうか。また、他国の人材と比べ、何が欠けているのでしょうか。

2-1. ライバルとなる世界の人材像

グローバル化が進み、企業においても、また医療やクリエイティブなどオフィスワーカー以外でも海外の人々との連携を取りながら価値を生み出していくことが求められるようになりつつあります。

そうした流れをいち早く察知したのが、「グローバル企業」と呼ばれる多国籍企業でした。早くから人材のグローバル化を進め、優秀な人材は国籍を問わず確保し、様々なグローバル体験をさせながら教育し育成します。結果として、様々な価値観が集まるダイバーシティの環境が生まれ、そこから新しい価値が創造されていきました。様々な人種が集まる米国や欧米各国のグローバル企業の発展は、そうした人々によって支えられているといっても過言ではないでしょう。

さらにグローバル企業のパートナーとして急成長した新興国における人材も、大きな成長を遂げつつあります。つまり、安価な労働の担い手と思っていた新興国の人材が、その高いモチベーションを武器に経験値を高め、スキルを身につけ、人材市場に登場しています。彼らは、英語はもちろん、現地の言葉を巧みに話し、働くことに対して強い情熱を燃やしています。その意欲が、自国の成長や自身の経済環境の向上といったシンプルな欲望に根ざしたものであることは間違いありません。

こうした新しい価値観とスキルを持った人材が、世界には多数生まれており、グローバル化によって同じ人材市場に取り込まれ、ライバルとなりつつあります。「コストが安く、意欲があり、スキルが高い」、加えて英語を介したコミュニケーション能力も高いとなれば、日本人ビジネスパーソンの世界的評価は下がる一方です。

果たして、私たちはそうした人々に負けないマインドとスキルを身につけることができているでしょうか。

2-2.日本人エリートの凋落→


PAGE TOP