TOP › パーソナル・グローバリゼーション メッセージ


企業に求められる人材像が変わりつつあります 自立したプロフェッショナル“無敵の民”を目指そう!


世界と働その理想型は“無敵の民”にあります

  1. 世界の変化
  2. 世界に求められる人材
    1. 2-1 ライバルとなる世界の人材像
    2. 2-2 日本人エリートの凋落
    3. 2-3 進まない人材育成と“無敵の民”
  3. グローバル人材の能力
  4. 簡単アセスメントツール
  5. PGセミナーについて
  

グローバルビジネスにおける低パフォーマンスが指摘されている日本人ビジネスパーソン。世界の人材の中でその地位は急激に低下しつつあります。かつては世界一の働き者として名を馳せていた日本人ビジネスマンにいったい何が起きているのか。その理由を考えるとともに、今までの働き方やキャリアプランが通じなくなってきていることを認識することが、凋落の道から逃れる第一歩です。

2-2. 日本人エリートの凋落

グローバル企業の人材育成戦略による「グローバル人材」と、新興国で生まれつつある意欲とスキルがあり、かつ低コストで雇用が可能な人材が増加する中で、現在の日本人ビジネスパーソンに対する評価は低下する一方です。日々、国内ビジネスシーンの最前線で自身のスキルを十二分に発揮し、日夜を問わず働き続けているにも関わらず、一人当たりのGDPは年々低下するばかり。海外に進出しても、十分なコミュニケーションが取れず、現地の反感を買うだけでなく、確保したはずの優秀な人材さえ逃してしまう。なぜ、優秀だったはずの日本人ビジネスパーソンの評価が凋落しつつあるのでしょう。

考えられる理由の1つに、個人レベルでの「グローバル化」が外国人ビジネスパーソンよりも相対的に進んでいないことが挙げられます。早くから経済のグローバル化を察知し、それに柔軟に取り組んで来た企業は、意図的に個人レベルでのグローバル化も進めてきました。しかし、日本では企業だけでなく政府レベルでも対応が後手にまわっています。そうした環境下で日本人ビジネスパーソンは日々の仕事に追われ、個のグローバル化のチャンスを失ってきたと考えられます。

さらに深刻なのは、仕事に対する熱意の低下でしょう。かつて生きることに必死だった時代、人々は希望に燃え、よりよい生活を求め、仕事に対する熱い情熱を誰もがもっていました。しかし、国が豊かになり、苦労せずとも生活していける世の中になったことで、かつて持っていたはずのハングリーさや仕事に対する意欲が損なわれつつあります。社会全体に閉塞感が蔓延し、メンタルヘルスや自殺も大きな社会問題となっています。

そうしたなかで、仕事への意欲を燃やし続けることは至難の業。たとえ、意欲があっても、グローバル化によって仕事のルールや環境が変わっている中で、言語も文化も異なる人々と渡り合っていくためには、特別なマインドとスキルが必要になってきています。それに気がつかないまま、日本式勉学、日本式ビジネスの王道を歩いていたエリートであればあるほど、その変化を認められず、思考停止のままで働くしかない状況にあるといえるでしょう。

求められるのは、CQ(Curiosity Quotient)、PQ(Passion Quotient )

世界が大きく変化し、競争が激化する中で、人材に求められるのはIQ(知能指数)の高さよりも、好奇心を持って物事に取り組む能力(CQ:Curiosity Quotient)や情熱をもって突き進む能力(PQ:Passion Quotient)です。そう、頭でっかちで行動できない人よりも、少々の失敗など恐れずにがんばる人にこそ、世界は開かれているといっても過言ではないでしょう。

求められるのは、CQ(Curiosity Quotient)、PQ(Passion Quotient )

2-3.進まない人材育成と「無敵の民」→


PAGE TOP