TOP › パーソナル・グローバリゼーション セミナー紹介


個人としてトップ企業とともに培った高品質なセミナーを「個人」にも パーソナル・グローバリゼーション セミナーのご案内


グローバル人材を目指すあなたのために用意されたトレーニング

  1. 世界の変化
  2. 世界に求められる人材
  3. グローバル人材の能力
  4. 簡単アセスメントツール
  5. PGセミナーについて
    1. セミナーラインアップ
    2. 2017年
      1. 第79回 価値観の異なる人々と協働するためのグローバルリーダーシップ
      2. 第80回 グローバル舞台でも相手を魅了できる!ディベート術
  6. Mini-MBA
  7. 参加者の声
  

日本人が海外でも成功するための
異文化コミュニケーション&ロールプレイング
10月17日(水)開催! 10:00~17:00

お申込み受付中!

セミナーの概要

    文化の違いを知らないことで起こる問題は、相手とのコミュニケーションの質・量の低下、不信感、生産性の低下等、 悪いスパイラルへとつながります。 それを回避するためには、その問題の基礎部分、「「なぜ」発生するのか」という バックグラウンドを理解し、状況に応じて適切なコミュニケーションをとる 必要があります。そうすることで、反対に プラスの結果に変えることが出来るのです。 今回は、ヨーロッパ、アラブ、ロシア、アジアにルーツを持つ様々な文化が 融合した環境で育ち、その見識に精通しているファリザ講師による、実践的なケーススタディーやロールプレイを通じて 気づきを得る1日です。

    <こんな方にお勧め>
    ・海外出張に行く機会がある
    ・海外赴任予定者
    ・日本人以外の同僚/部下と働く環境にある
    ・出張はそれほどないが、海外のクライアントや取引先と協働する機会がある


当日のスケジュール(*実際の流れは進捗等に応じて変更することもございます。)

時間
内容
10:00~12:00
■外国人と日本人のコミュニケーションの特徴

■コミュニケーションに関する考え方の各国の相違点
■おもな伝統、慣習、タブー(社会的地位に対する考え方、家族や他人との関わり方等)
   【ケーススタディー】
   グローバルビジネス環境で関わる人々とのコミュニケーション、マナー
12:00
昼食
13:00~17:00
■海外における仕事上の価値観分析
   ~日本と海外の仕事の進め方の違いを知る~
   【ロールプレイ】【ケーススタディー】

■海外・国内の外国人ビジネスパーソンと円滑に協働するためのコミュニケーションスキルの修得
   ・外国人の仕事に関するモチベーション、優先順位、同僚との関係等
   ・外国人メンバーとのコミュニケーション (ロールプレイ)
   ・仕事の進め方について理解する
   ・日本式の仕事の考え方を伝える 1 (ケーススタディー)
   ・日本式の仕事の考え方を伝える 2 (ロールプレイ

17:00
終了

講師: Fariza Abidova


Fariza Abidova
SOPHYS株式会社 代表取締役 & CEO/Trusted株式会社  代表取締役& CEO
ウズベキスタンの多文化、多言語の環境で育ったため、ヨーロッパ、中東、ロシア、アジアの国々の文化について広い知識と経験を備えている。 7か国語(英語、日本語、ロシア語、ウズベク語、タジク語、ペルシャ語、トルコ語)を流暢に話す。
サマルカンド国立外国語大学で英語・日本語言語学を首席で修了。日本の文部科学省(MEXT)の奨学生として来日し、神戸大学で異文化コミュニケーションの研究を行う。 現在は、日本経団連やフォーチュン・グローバル500に入る日本の大手グローバル企業および外資系企業の人材育成を行っている。 また、在日ドイツ商工会議所(AHK)や在日スイス商工会議所 (SCCIJ)、アメリカの有力ビジネススクール等でビジネス開発についての講演も多数行っている。 同時に、日本の言語、経済、ビジネスカルチャー、および国際市場についての深い知見を活かして、クロス・ボーダー・ビジネスを成功に導くために、ITテクノロジーに よる実用的なソリューションを開発している。


日時:2018年10月17日(水)10:00~17:00

場所:BrickHills代官山 (グローバル・エデュケーション社屋)地図

住所:〒150-0034 東京都渋谷区代官山町9-15 BrickHills代官山
        ※代官山駅(東急東横線)北口から徒歩7分

定員:最大24名 

言語:日本語・英語 

費用:38,000円(税抜 テキスト代込)


お申込はこちらから!

PAGE TOP

セミナー一覧に戻る→